大学における生涯IDのための名寄せ手法 Name Identification Method for Lifelong ID in Higher Educational Institutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では,大学における生涯IDのための名寄せ手法について述べる.現在,高等教育機関である大学は,これまでの教育研究活動を中核としつつ,入学前や卒業・退職後も含めた関係を構成員との間で保つ必要が生じている.このような生涯化を情報システムにより支援するためには,ユーザIDの生涯化が必要であるが,その発行・運用のためには,名寄せ問題への対応が必須である.名古屋大学において約34,500人を対象に検討を行った結果,名寄せの際,生年月日・氏名(漢字表記)だけでなく,カナ・英字による氏名(別表記)を組み合わせるとともに,外国人を対象とした誤り検出処理を併用することにより,99.3%以上の名寄せ識別率が得られることが分かった.This paper describes a name identification method for higher educational institutions. Recently, higher educational institutions have been seeking the way to make relationships among not only constituencies like students, faculty and staff but also alumni and other supporters to realize the concept of'Cradleto-endowment'relationship. Although the use of lifelong User ID is required to support such activities using information technologies, name identification problem must be addressed. As the results based on about 34,500 users, it is clarified that the proposed method attains more than 99.3% of name identification rate by using the information about birthday and fullname not only in Kanji but also other expressions like Kana and English, together with an error detection processing for foreign person.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 51(3), 965-973, 2010-03-15

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970699
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ