通信グループに基づくサービスの制御が可能なNAT越えシステムの提案 A Proposal for NAT Traversal System with Communication Group-based Service Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

外出先からホームネットワーク内の通信機器に対してアクセスする場合,NAT越え問題を解決する必要がある.筆者らは,外部ノードとホームゲートウェイが連携してNATのマッピングを動的に生成することによりNAT越え問題を解決するNAT-f(NAT-free protocol)を提案している.しかし従来のNAT-fは,外部からの通信が許可された内部ノードに対して自由にNATのマッピングを生成できるため,誰でもホームネットワーク内にアクセスできてしまうという課題があった.本論文では従来方式に通信グループの概念を導入したセキュアなNAT越えシステムを提案する.通信グループを内部ノードが提供するサービスに対応付けることにより,外部ノードからのアクセス制御とサービスの制御を同時に実現することが可能となる.A NAT traversal problem has to be solved if you access communication devices in a home network from the outside. To solve the problem, we have proposed NAT-free protocol (NAT-f) that creates a NAT mapping dynamically by cooperating with an external node and a home gateway. However, the existing NAT-f system has security issues that anyone can access internal nodes in a home network. This paper presents a secure NAT traversal system that combines the existing NAT-f technology and the concept of the communication group. By making the communication group be related to services provided by internal nodes, it is possible to provide the access control of external nodes and the service control simultaneously.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 51(9), 1881-1891, 2010-09-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ