ガンダーラにおける阿弥陀信仰についての一考察  [in Japanese] A study of faith in Amitabha in Gandhara  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

1982年John Brough によって,あるガンダーラ仏像の台座に刻された碑文が阿弥陀仏と観音菩薩に言及したものであると報告され,注目を集めた。さらに,John Brough はこの碑文の年代を紀元後2 世紀と推定した。その後,この碑文の解釈を巡って議論がなされたが,未だ最終的な解決が出たわけではない。一方,パキスタン北部で発見された碑文群は,北西インドの仏教信仰の実情を研究する上で大きな意味を持ち,本稿で論じる当該のカローシュティー碑文を考察する上でも,示唆に富むものである。本稿では,これらのパキスタン北部碑文資料を参照しながら,当該碑文を再検討しガンダーラ地域における阿弥陀信仰を論じる。ガンダーラ語阿弥陀仏観音菩薩

Journal

  • Bulletin of the Research Institute of Bukkyo University

    Bulletin of the Research Institute of Bukkyo University (17), 115-126, 2010-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007974172
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10441848
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13405942
  • NDL Article ID
    10672335
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B68
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top