「二条院讃岐の人生」 : 前半生を中心に On Nijoin-Sanuki's Career : The Earlier Half of Her Life

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

二条院讃岐の先行研究では、藤原重頼の系図に讃岐の名が見えるという理由で、その系図に讃岐を当てはめて讃岐の人生を推測し、更には讃岐の人生をも創出してきたようである。本稿では讃岐の前半生を系図以外の一次資料を出来る限り精査して、解明しようとするものである。既発表二編の拙稿で解明した讃岐の実人生に深く係っている藤原兼実に加えて、皇嘉門院も讃岐の実人生に大きな係わりを持っていたことが本稿で明らかになった。讃岐の前半生は高貴な人々の中にあって、二条天皇との宿縁を思わずにはいられない。本稿では兼実の青年期の動静を軸に、社会状況も十分考慮して考察を進めたので、讃岐の動静がより明確に把握出来たと思う。先行研究では讃岐の年表作成が出来ていなかったが、本稿により前半生の年表が可能な限り作成できたので、後半生を合わせたより完全な年表の作成を目指そうと思っている。

収録刊行物

  • 佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇

    佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇 38, 145-156, 2010-03-01

    佛教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007974738
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12387923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18833985
  • NDL 記事登録ID
    10614943
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-X642
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ