Szondi Testの簡便的利用に関する研究 : Szondi Test の臨床的妥当性に関する基礎的研究 (下) The Simple Use of a Szondi Test : Fundamental Research on the Clinical Validity of Szondi Test (2)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ソンディ・テスト(Szondi Test)の施行は1回実施するには、10分を超えない短時間での実施が可能である。したがって被験者に身体的な負担を掛けることが少なく、しかも「好き・嫌い」という、極めて単純なやり方の施行法であるから、心理的な負担も少ない。人物顔写真の「好き・嫌いの選択」といった単純で、簡単な方法であるため、施行年齢も3歳以上から可能であるなど、その適用年齢は驚くほど幅広い。また言語を基本的には媒介しないため、聴覚や言語の機能に障害がある場合や日本語を解さない外国人であったりする場合も、施行に困難をきたす事は少ないなど、他のアセスメント法に較べて適応範囲が広い。施行が簡単であるという事は、検査者の側の場合も、施行技術法習得のための訓練はあまり必要がない。他の査定技法に比較して、様々な利点があるにも係わらず、24時間以上・1週間以内という施行条件が設けられているために、正規法とされている10回施行を完全終了するには、かなりの時間が必要とされ、その結果、即戦力にならないのではないかという疑問が生じているのも事実である。そこで152人を対象として、1回法と2回目以上の施行で得られた反応の連関係数を産出する調査を行ったところ、かなりの因子反応において関連が認められ、1回法の有用性が明らかになったので報告する。前回報告では、h因子からp因子までの検討結果を掲載したが、その続編として、それ以降の因子の検討結果とまとめの報告である。

収録刊行物

  • 教育学部論集

    教育学部論集 21, 107-123, 2010-03-01

    佛教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007974900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10178571
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09163875
  • NDL 記事登録ID
    10614748
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-2875
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ