地域生活の構造と地域福祉の理論課題  [in Japanese] The structure of life in the community and the theoretical issue of community welfare  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

社会福祉法に地域福祉が法定化され,自治体の地域福祉計画策定指針もしめされた。しかし,地域福祉と地方自治体については,正確に関係づけられていなし、。地域は住民の生活領域であり,共同・連帯が形成される場であり,社会的共同生活手段が備えられる必要がある。地方自治の充実や地域の持続を指向する地域福祉論においては,社会福祉の変化,発展の原動力をつかむこと,地域福祉の主体論,対象論,目的論が重要である。「地域の福祉力」論は地域福祉の指針になりうるもので,社会発展の観点から地域福祉の課題と役割を明らかにすべきである。地域福祉地域福祉計画地方自治体地域生活社会的共同生活手段地域福祉の主体住民主体地域福祉の対象地域福祉の目的地域の福祉力共同連帯

Journal

  • Journal of the Faculty of Social Welfare

    Journal of the Faculty of Social Welfare (4), 37-53, 2008-03

    Bukkyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007975010
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12013741
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13493922
  • NDL Article ID
    9434991
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z71-N276
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top