大学生の化粧行動の実態解明と社会的スキル・性役割・自意識・他者意識との関連性 Relevance to the elucidation of the actual condition of university students' makeup behaviors, social skill, gender roll, self-conciseness and other-conciseness

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大学生の化粧行動の実態を解明し、社会的スキル、公的自意識、男性性、女性性、内的他者意識、外的他者意識、空想的他者意識という個人差要因との関連性を明らかにするため、男女大学生378名を対象に質問紙調査を実施した。男女それぞれを対象とする化粧行動を23項目設定し年間の化粧行動回数を回答させた結果、カラーリング以外の化粧行動について男女差がみられた。また個人差要因との関連性を検討した結果、化粧行動ごとに異なる個人差要因が関連することが明らかとなった。化粧心理化粧行動社会的スキル性役割自意識他者意識

収録刊行物

  • 佛教大学教育学部学会紀要

    佛教大学教育学部学会紀要 4, 165-179, 2005-03-14

    佛教大学

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007975145
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11672731
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13474782
  • NDL 記事登録ID
    7728049
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-G815
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ