SLA1 もっと反応時間データの活用を!! : 研究および教室でいかに使うか(SLA,国際交流「新」時代における大学英語教育カリキュラム刷新)  [in Japanese] SLA1 The Usefulness of Reaction Time Data for L2 Research and Classroom(SLA,College English Curriculum Innovation in the 'New' Age of International Exchange)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本シンポジウムでは、第二言語研究における反応時間(reaction time:RT)データの意義を考え、具体的に第二言語における単語認知や文処理の認知的プロセスの研究に、さらには教室での教育実践に、いかに活用できるか検討したい。

Journal

  • JACET全国大会要綱

    JACET全国大会要綱 48, 153-154, 2009

    大学英語教育学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007983013
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11483568
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top