学術情報サービスのメタデータ・デザイン(<特集>メタデータの現在)  [in Japanese] Metadata design on academic information services(<Special feature>Metadata)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,学術情報サービスのメタデータ活用事例として,国立情報学研究所が運営する論文情報ナビゲータCiNiiにおいて,メタデータがどのように設計・提供されているかについて述べる。CiNiiのメタデータはウェブAPIとしての側面を重視し,OpenSearchやRDFなどのウェブ標準に基づいて設計されている。また,論文情報における著者名典拠が存在しない問題については,機械処理とユーザ参加による著者IDの自動生成を行っている。これらのメタデータは外部サービスとの連携や書誌情報の再利用のために用いられており,メタデータへのアクセスはCiNiiの総アクセス数の30%〜40%を記録するに至っている。

This paper describes design process of metadata in CiNii, which is an academic information service provided by National Institute of Informatics. We develop its bibliographic metadata based on several web standards such as OpenSearch and RDF. We also generate author ID by machine learning and user participation. The number of access to the metadata is rapidly increasing and recorded 30-40% of overall traffic.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 60(12), 495-500, 2010

    Information Science and Technology Association, Japan

References:  11

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007989449
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    10893225
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top