日常生活に浸透するメタデータ(<特集>メタデータの現在) Usage of metadata in daily life(<Special feature>Metadata)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館情報の関係者においては以前から重要視されてきたメタデータ,しかしその存在は専門家の間だけで認識されてきたものであった。しかし,ウェブの普及がこの状況を一変させた。e-commerceにおける商品レビュー,ソーシャルブックマークや写真共有サイトにおけるタグの活用など,一般生活者が自覚的にメタデータを生成,共有,活用するようになったのだ。本論文ではウェブというインフラの進化によって,日常生活にいかにしてメタデータの利活用が広がったのか,そのプロセスを概観するとともに,この変化への対応について検討する。

Metadata, which has been known only among librarians and other professionals, has got to be diffused all over the "real" world. This change has caused by the World Wide Web. Ordinary citizens have come to generate reviews for products on e-commerce sites, and tags on photo sharing services with consciously. In this paper, I analyze the process of that metadata usage has been diffused, and discuss the way to adopt the situation where everybody utilize metadata everywhere in daily life.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(12), 501-506, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007989450
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10893235
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ