地震音響海洋学 : 反射法地震探査データを用いた海洋物理研究 Seismic Oceanography : physical oceanography using MCS data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マルチチャンネル反射法地震探査(Multi-Channel Seismic survey,MCS survey)は,これまで地震学において地下の構造探査に用いられてきた手法である。2003年にこのMCSデータを用いて海洋中の密度構造を可視化できることが指摘されてから,地震音響海洋学(Seismic Oceanography)と呼ばれるMCSデータを用いた海洋物理学が発展してきた。この新しい研究分野を本稿で紹介する。MCSデータとは人工震源から発振された音波の反射強度を記録したものである。ノイズが多いなどの難点はあるが,従来の海洋観測法では様々な制約から取得することが難しい水平・鉛直ともに高解像なデータである(水平分解能6.25~12.5m,鉛直分解能0.75~3m)。観測は船舶を停止せずに行われるため,約200kmの測線を前述の分解能で1日で観測できる。MCSデータを用いると広範囲の海洋中のファインスケールの密度構造を可視化することができる。ここでは一例として,伊豆・小笠原海域の1測線に見られた反射強度断面上の低気圧性渦を挙げる。Multi-Channel Seismic (MCS) survey is now a traditional method in seismology to study subsurface structures. Since Holbrook et al. (2003) reported that an MCS section in the Atlantic Ocean can capture a front between cold and warm water masses, the new approach in physical oceanography using MCS data, "Seismic Oceanography", has been developed. The MCS data consist of records of sound reflectors in the ocean interior. Although the MCS data are contaminated by relatively greater noise than traditional ocean finescale measurements, the MCS enables a high resolution section (6.25~12.5m in horizontal, 0.7~3m in vertical) of the ocean density structures, which is difficult to obtain by traditional methods. It is possible to conduct an MCS profiling without stopping the vessel and it takes only about a day to cover a 200km long section. We exemplify the utility of MCS data in physical oceanography using an image of a cyclonic eddy in the Izu-Ogasawara region.

収録刊行物

  • 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 19(6), 317-326, 2010-11-05

    日本海洋学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007989518
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    21863105
  • NDL 記事登録ID
    10900930
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ