放送暗号とクラスタリングを用いたデータ共有型Web アプリケーションにおけるプライバシ保護 Privacy Protection of Data Shared on Web Applications Using Broadcast Encryption and Clustering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Web アプリケーションは,従来デスクトップ上で実装されていたアプリケーションをWeb 上で利用可能にしただけでなく,ユーザ同士が簡単にデータ共有を行え,コラボレーションによって新たな知を生み出せる枠組みを提供している.しかし,こうしたWeb アプリケーションにおいては,サーバにプライバシ情報が収集されてしまうという問題が指摘されている.本研究では,この問題に対処するために放送暗号を利用し,サーバ上ではデータを暗号化したまま,グループ内でデータ共有を可能にする仕組みを提案する.また,Web アプリケーションが提供するアカウントの機能を用いたクラスタリングにより復号コストの削減を行う.Web applications provide not only services on the Web but also the place in which the users share data easily and create new wisdom by collaboration. At the same time application servers are collecting user data implicitly for render of service. Therefore, users' privacy data might be collected by servers. To overcome this problem, in this paper, we propose a system that makes us share encrypted data in the group using pairing based broadcast encryption. We also discuss retrenchment of decryption costs by data clustering using account service of servers.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌データベース(TOD)

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 1(1), 79-87, 2008-06-26

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007990003
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11464847
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    1882-7799
  • NDL 記事登録ID
    024346714
  • NDL 請求記号
    YH247-812
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  IPSJ 
ページトップへ