音声質問応答システムのユーザ発話を用いた質問応答データベース拡張支援 Supporting the Augmentation of the Question-Answer Database For Speech-Based Question-Answering System Using User Utterances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

質問と応答のペアからなるデータベースを利用する質問応答システムの性能は,データベースの内容に依存する.できる限り多くの質問パターンを用意することにより,ユーザの質問のバリエーションに対応できる.本稿では,音声質問応答の初期システムを用いて収集したユーザの質問の中から,データベースに追加すべき質問を検出することにより,質問応答データベースの拡張を支援する方法を提案する.提案手法は,質問応答データベースから作成した言語モデルを用いた音声認識結果と,大語彙統計言語モデルを用いた音声認識結果を併用する.実験結果により,提案手法の有効性が示された.The performance of a system that answers to a user question using questionanswer database depends on the contents of the database. Dealing with a variety of user questions requires preparing question-answer patterns as many as possible. This paper proposes a method for supporting theaugmentation of the question-answer database. It uses user questions collected with the initial question-answer system, and detects questions that need to be added to the database. It uses two language models; one is built from the database and the other is a large-vocabulary statistical model. Experimental results showed the effectiveness of the proposed method.

収録刊行物

  • 研究報告音声言語情報処理(SLP)

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2009-SLP-77(16), 1-6, 2009-07-10

    情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007990633
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024805225
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ