音声対話システムの対話履歴N-gramを利用したユーザ満足度推定手法 Estimation method of user satisfaction based on dialog history N-gram for spoken dialog system

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,音声対話システムの対話履歴を N-gram によってモデル化を行い、その尤度に基づいてユーザ満足度の推定を行う手法を提案する.実験では音声対話による楽曲検索システムを利用した実環境音声データに収録されているユーザとシステムの対話履歴を利用して各ユーザの満足度を N-gram の尤度を用いて推定する.それぞれの満足度レベル毎の N-gram モデルは,ユーザの対話行動とシステムの対話行動を符号化した系列を利用することで作成される.本論文では,作成したモデルを用いて満足度の推定を行いその分類性能を評価した.実験結果より,提案手法は高い分類性能を示しており,特にタスク達成者とタスク未達成者の分類では全てのタスク未達成者を検出する際の誤検出率を 10% に抑えることができた.In this paper, we propose an estimation method of user satisfaction for a spoken dialog system using an N-gram likelihood based on dialog history model. For the experiment, we use spoken dialog histories between users and the system,which is contained in an real environmental speech data that was collected by a music retrieval system with a spoken dailog interface, and we esimate their satisfacion level based on the N-gram likelihood. An N-gram model is trained from encoded sequences that consist of users' dialog acts and the system's dialog acts for each user satisfaction level. Experimental results show that our proposed method achieved good classification performance, especially the false detection rate of 10% in the experiment of a classification into dialogs with task completion and those without task completion.

収録刊行物

  • 音声言語情報処理(SLP)

    音声言語情報処理(SLP) 2009-SLP-79(14), 1-6, 2009-12-14

    情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007990660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025068700
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ