ペア間推移量を用いた配列アライメント法  [in Japanese] A sequence alignment algorithm using the transition quantity  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

アミノ酸配列に対するアライメントにおいて,アミノ酸ペア間推移量を用いるようアルゴリズムを改良することで,生成されるアライメントの精度が向上することを確認した.本発表では,この新たに開発したアライメント手法である MTRAP 法と,既存の手法とのアライメント精度面での比較および検証を行う.We have been developed a sequence alignment algorithm using the transition quantity. The transition quantity is a new measure based on transition probability between two consecutive pairs of residues. In this paper, we compare the performance of our new algorithm called MTRAP and that of the other usual algorithm.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 = IPSJ SIG technical reports

    情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 = IPSJ SIG technical reports 22, C1-C7, 2010-07-28

    情報処理学会

References:  22

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007990850
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12055912
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025085643
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top