多言語社会でのコミュニケーションにポリグロットは必要か? : 情報流通の視点から  [in Japanese] Do we need polyglots for communication in a multilingual society? : Information diffusion perspective  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

グローバル化がさまざまな場面で進む中、日本でも社会生活を送る上で多言語でのコミュニケーションが当たり前の時代が来ることを検討する必要がある。ここで言う多言語社会でのコミュニケーションとは、それぞれ異なった母国語を持つ集団の中での意思伝達や情報共有を指す。ポリグロットとはマルチリンガルの学術的用語であり二種類以上の言語能力を持っている人のことである。世界のいろいろな地域では多言語共生社会が日本よりもずっと進んでいる。本報告ではこのような現在の社会において多言語間コミュニケーションにポリグロットのスキルは必要であるのか、情報の共有としてのドキュメントや教育対策を中心にフランス、マレーシア、ウガンダでのケースをあげて報告する。Because of globalization in a variety of phases in daily life, in Japan we would face multilingual communication in the near future. In this report we are going to discuss information sharing in a multilingual society. 'Polyglot' is an academic term of multilingual speaker, and ordinarily it means a person who speaks more than two languages. In many regions in the world, more multilingual societies exist compared to Japan. We study the necessity for polyglot skill in a coming multilingual society and especially focus on educational measures as well as documentation. Concerning multilingual society, we illustrate three cases: France, Malaysia, and Uganda.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. DD, [デジタル・ドキュメント]

    情報処理学会研究報告. DD, [デジタル・ドキュメント] 71, C1-C6, 2009-06-05

    情報処理学会

References:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007991237
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10539261
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    024787493
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top