関西学院 CCD グループスタジオレポート Kwansei Gakuin CCD Group Studio Report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

関西学院大学理工学部片寄研究室では,「ディレクタビリティ」「インタラクション」 をキーワードにしたコンテンツ制作研究 (CCD) グループが活動を行っている.本稿では,CCD グループの活動概要と,人間と音・映像とのインタラクティブパフォーマンスに焦点を当てて現在制作が進められている作品群を紹介する.The CCD group, a research group of Katayose lab., at Kwansei Gakuin University, has contributed to content production and development of design assistance system with the keywords: "interaction" and "directability." In this paper we describe the overview of the CCD group research activities, and introduce several works related with performing media arts, the conceptual basis of which is interaction between human, musical sounds and visual images.

収録刊行物

  • 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2009-EC-13(2), 1-4, 2009-05-15

    情報処理学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007991301
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12049625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024780425
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ