物語構造分析による娯楽作品の訴求構造分析  [in Japanese] Appealing Structure Analysis of Entertainment Products by Methods of Structuralism's Analysis of Narrative.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コミックやアニメーション,コンピューターゲームやコマーシャルフィルムや映画などの娯楽制作物は,今日では,私たちの生活に深く影響を及ぼしている.私たちはそれらをプレイもしくは視聴することによって価値観を形成し,その価値観とともに生きている.娯楽に関する分析的研究の主たる目的とは,したがって,それによってどのような価値観が,どのようにして形成されるかを知ることにあると言える.本研究の目的は,それらの娯楽制作物の訴求構造を知るために,物語構造分析の手法を適用可能であるように精緻化することにある.コミック 『DEATH NOTE』,『CHANEL No.5』 のコマーシャルフィルム,RPG 『テイルズ・ウィーバー』 についての分析結果を提示し,それらの訴求構造に関して検討した.Entertainment products such as comics, animations, video games, ad film and movies deeply influence our life nowadays. We form sense of values by playing or viewing them and also live by those values. Therefore the primary goal of analytical entertainment studies is to know what those values are and how they are formed. The purpose of this study was to improve the methods of structuralism's analysis of narrative so that we can apply them to know apealing structures of entertainment products. Three sample analysis - comic "DEATH NOTE", ad film "CHANEL No.5" and RPG "Tales Weaver"- were presented and resulted appealing structures were discussed.

Journal

  • 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2009-EC-14(2), 1-4, 2009-08-14

    情報処理学会

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007991309
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12049625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    024792446
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top