事例分析に基づく組込みシステムに適したソフトウェアアーキテクチャの提案  [in Japanese] Software Architecture Design for Embedded Systems based on Case Study Analisys  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在組込みシステムは大規模・複雑化しているためモデル中心設計などのソフトウェア開発手法の導入が積極的に進められている.組込みシステムではハードウェアとソフトウェアの連携を考慮したシステム開発が必要であり,ハードウェアの特性を取り込める開発手法が望まれている.本研究では,2 つの組込みソフトウェア開発事例を分析し,組込みシステムに適したソフトウェアアーキテクチャを提案する.このアーキテクチャは 3 層構造を持ち,ハードウェアを制御する層,アプリケーション機能を実現する層,それらを連絡する層に分けられる.また,提案するアーキテクチャを利用した開発プロセスを提案する.Because embedded systems are becoming large-scale and complex, software design methods, such as model-centered design, are brought in positively for embedded system developments. For embedded systems, the system development method in consideration of cooperation of hardware and software is required. We analyze two development cases of embedded software, and propose software architecture suitable for embedded systems. This architecture is divided into three layers: the layer which controls hardware, the layer which realizes application functions, and the layer which connects other layers. The development process using this architecture is also proposed.

Journal

  • 研究報告組込みシステム(EMB)

    研究報告組込みシステム(EMB) 2010-EMB-17(14), 1-7, 2010-05-25

    情報処理学会

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007993225
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12149313
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025048673
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top