視聴者指向のインターネット放送への取り組み Researches Towards Audience-oriented Internet Broadcasting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 齊藤 義仰 SAITO Yoshia
    • 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University
    • 村山 優子 MURAYAMA Yuko
    • 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University

抄録

近年,動画共有サービスや生放送サービスといったインターネット放送サービスは,テレビ離れしたユーザを吸収し急速な発展を遂げている.しかし,動画や生放送の番組数が増加することにより,視聴者を集めることが難しくなってきている.本稿では,従来の放送者を主体とした放送から,視聴者を主体にした放送への転換を目指し,視聴者の満足いく放送サービスを提供する視聴者指向のインターネット放送サービスを提案する.また,視聴者指向のインターネット放送への取り組みとして,インタラクティブな機能を放送に取り入れたコミュニケーション活性化への試みと,視聴者から得られたフィードバック情報を利用した情報発信の効率化への試みについて報告する.In recent years, Internet broadcasting services such as video sharing services and live broadcasting services archive a remarkable breakthrough attracting Internet users who are bored with traditional television programs. It is, however, difficult for broadcasters to get audience because of increase in shared videos and broadcasting programs. In this paper, we propose audience-oriented Internet broadcasting services to enhance audience satisfaction. We also reports our several studies of interactive broadcasting and utilization of audience's feedback towards the audience-oriented Internet broadcasting.

収録刊行物

  • 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2010-GN-74(19), 1-6, 2010-01-14

    情報処理学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007993350
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155524X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025063578
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ