バイタルセンサのためのデータストリーム処理システムの設計  [in Japanese] Design of Data Stream Management System for Vital Sensor  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

バイタルセンサから収集したバイタルデータは,各個人の健康状態の監視や生活様式の追跡に利用をすることができる.また,健康状態を把握した上で,状態に応じた家電制御や環境制御といったサービス提供に有用であると考えられる.近年のセンサの発展に伴い,バイタルセンサも身近なものとなりつつあり,今後は常時装着型センサによるリアルタイムセンシングが実現すると考えられる.本稿では,バイタルデータをリアルタイムに利用するためのデータストリーム処理システムについて,その要件とアーキテクチャ,その設計指針について述べる.The vital data collected from a vital sensor can be used to observe of each person's health condition and to pursue the lifestyle. It is thought that the health condition can be made the best use of for a consumer electronic control and a living environmental control. It has become the development of the sensor, and familiar a vital sensor. It will be thought that a real-time sensing with the sensor always acquired is achieved in the future. In this paper, the requirement, architecture, and the design manual are described about the data stream management system to use vital data in real time.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] = IPSJ SIG technical reports

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] = IPSJ SIG technical reports 55, A1-A6, 2010-09-02

    情報処理学会

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007993787
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11851388
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025194309
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top