サンプルの所属度に応じた可変自己組織化マップ  [in Japanese] Flexible Self-Organizing Maps adapted to degree of membership  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

標準の SOM では、2 次元平面上の指定した形状のマップ上にサンプルを配分する。その場合、サンプルが配分される利用ノードの配置があらかじめ決まっているので、サンプルが持つ自然な位相構造はマップの形状に折り畳まれ、少数のサンプルしか分類されない無駄なノードが生じることがある。それに対して本論文では、サンプルがノードに属している程度を表す所属度を定義し、それに応じて利用するノードの配置を変更する SOM の改良を提案する。利用ノードの数を変えずにその配置のみを変更することにより、サンプルが持つ位相構造をマップ上に自然に表すことができ、限られたノード数で不適合度を改善することができる。Standard Self-Organizing Maps(SOM) distribute samples on fixed configuration of nodes. Then, a intrinsic topological structure of samples is folded, and some nodes have few samples. The nodes are useless. We propose a improvement of SOM. The improved SOM move its nodes adapted to degree of membership of samples. It can present intrinsic topological structure of samples and improve a degree of fitness.

Journal

  • 研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2010-MPS-77(22), 1-7, 2010-02-25

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007993868
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10505667
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top