商品探索時におけるユーザの嗜好のモデルの変化の獲得 Extraction of The Shift of The Preference Model from User Behaviors on E-Commerce Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

f E-Commerce(EC) サイトにおいて,商品を閲覧しているユーザの嗜好のモデルやその変化を獲得できれば,ユーザごとに適応した商品の提示や,商品の選び方などを利用したマーケティングが可能になり,売上の向上が期待できる.著者らは既に,ユーザが選好した商品をクラスタリングすることで,ユーザの嗜好のモデルを獲得する手法およびそのクラスタリング結果の変化に基づいて嗜好のモデルの変化を検出する手法について提案し,その有効性をエージェントによるシミュレーションによって検証している.後者の嗜好の変化を検出する提案手法の検証について,本稿では,これまでのシミュレーションによる検証に加えて,被験者実験により,嗜好の変化が生じるか,および実際に EC サイトを閲覧しているユーザの嗜好の変化を獲得可能かを検証した.Extracting a user's preference model and its transition on e-commerce sites improves their sales by presenting products that match the user's preference and marketing based on product choices of users. A method to obtain a user's preference model based on clustering result of products preferred by the user, and a method to detect the preference shift timing were already proposed and confirmed their efficiencies by simulation result. In this paper, the existence of the actual user's preference shift on e-commerce sites and the availability of detection of its timing by the proposed method were confirmed in subjective experiments.

収録刊行物

  • 研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2010-MPS-78(20), 1-6, 2010-05-14

    情報処理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007993904
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10505667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025043492
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ