小型移動式クレーンのリスクアセスメント(<特集>運ぶ機械の信頼性・安全性)  [in Japanese] Risk Assessment of a Small Mobile Crane(<Special Survey>Reliability and Safety of Conveyance Machinery)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

クレーン等による死亡労働災害は,昭和48年のピーク時に約400件であったのと比較すれば,年間約100件と大幅に減少している.しかし,現在でも,クレーンからのつり荷の落下,つり荷による挟まれ,クレーンからの墜落,機体等の折損・倒壊・転倒,つり荷の激突などが依然として多発しており,これらの災害に対する適切な災害防止対策が必要とされている.このため,日本クレーン協会では,これらの多発する災害を未然に防止するための危険性または有害性の事前評価手法として,「クレーン等のリスクアセスメント実施要領(日本クレーン協会規格JCAS0001-2008)」を公表している.本稿では,前記規格を小型移動式クレーンに適用する際の基本的考え方とリスクアセスメントの具体的実施事例を概説する.

Journal

  • The Journal of Reliability Engineering Association of Japan

    The Journal of Reliability Engineering Association of Japan 32(8), 546-553, 2010

    Reliability Engineering Association of Japan

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007994919
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10540883
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL Article ID
    10938877
  • NDL Source Classification
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL Call No.
    Z14-2023
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top