侵入防止システムにおける動作規則保護機構の開発 Implementation of Protecting Program Behiviour Rules for Intrusion Prevention System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プログラムの脆弱性を利用した不正アクセスが深刻な問題になっている.これに対し,プログラムを監視し,異常を検知するシステムが提案されている.この異常検知システムを用いることで,プログラムに未知の脆弱性が含まれている場合でもプログラムへの侵入を防ぐことができる.本論文では槙本らが開発した異常検知に基づく侵入防止システムの問題点を挙げ,このシステムが依存する動作規則が改竄され得ることを示す.また,この攻撃に対する保護システムを提案する.実際に保護システムを開発し,評価を行った.Illegal accesses by exploiting vulnerabilities of programs are serious problem. As a solution, some researchers proposed the system which monitors programs and detects its abnormal behaviours. The system prevents programs from being intruded even if programs include unknown vulnerabilities. This paper focuses on an intrusion prevention system Belem based on abnormal detection. we then propose a protection system against the attack which modifies program behiviour rules for Belem and have developed and evaluated the system.

収録刊行物

  • 研究報告システムソフトウェアと オペレーティング・システム(OS)

    研究報告システムソフトウェアと オペレーティング・システム(OS) 2009-OS-112(7), 1-9, 2009-07-29

    情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007995316
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024768207
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ