ファイルキャッシュシステムの有効性向上に向けた科学技術計算アプリケーションのI/O特性評価 I/O Characteristics Evaluation of Scientific Applications for Effectiveness Improvement of File Cache System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

スーパーコンピュータが搭載するプロセッサコア数の増加により,ファイルシステムに対する I/O 要求の多重度が増大しアプリケーションの I/O 性能の確保が困難になっている。この解決のため,計算機ノードでファイルデータをキャッシュしファイルシステムの負荷を低減する手法などを提案している。これらの手法の有効性を確認するには,アプリケーションの I/O 特性の把握が必要である。そこでアプリケーションの I/O を観測する技術を開発した。この技術によりファイル I/O の発生状況などを確認することが可能となる。実際に科学技術計算アプリケーションに適用した結果,提案している手法が有効であるケースを確認できた。In the supercomputer system, the increase of processor cores raises the complexity of I/O requests, and it is difficult to achieve high I/O performance for each application. To solve this problem, we have proposed a method that reduces the load of the file system by caching file data on the computer nodes, and so on. We need to know I/O characteristics of applications in order to observe the effectiveness of the proposed methods. Then we developed the tools that survey I/O of an application. By the tools, we can observe the I/O patterns. We actually used the tools for the scientific applications. As a result, we observed the effective case of the proposed methods.

収録刊行物

  • 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2009-HPC-121(40), 1-7, 2009-07-28

    情報処理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007995435
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL 記事登録ID
    024773900
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ