ヘテロ型スーパーコンピュータTSUBAME 2.0のLinpackによる性能評価 (ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) Vol.2010-HPC-128)  [in Japanese] Performance Evaluation of TSUBAME 2.0 Heterogeneous Supercomputer with Linpack Benchmark  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

Intel プロセッサに加え NVIDIA GPU を備え,2010 年 11 月に稼働開始したヘテロ型スパコンである TSUBAME 2.0 における Linpack ベンチマークの実行について報告する.本システムは 2CPU と 3GPU を備えた計算ノードを約 1400 台持ち,それらはフルバイセクションのファットツリー構造を持つ QDR InfiniBand ネットワークにより接続される.理論演算性能は TSUBAME 1.0 の約 30 倍となる 2.4PFlops であり,それを TSUBAME 1.0 とほぼ同じ規模の電力で実現している.Linpack ベンチマークのコード改良およびチューニングを GPU を用いた大規模システムの特性に合わせ行い,実行速度として 1.192PFlops を実現した.この結果は日本のスパコンとしては初めて PFlops を超えるものであり,Top500 スパコンランキングに 4 位にランクされた.We report Linpack benchmark results on the TSUBAME 2.0 supercomputer, a large scale heterogenous system with Intel processors and NVIDIA GPUs, operation of which has started in November 2010. The main part of this system consists of about 1400 compute nodes, each of which is equipped with two CPUs and three GPUs. The nodes are connected via full bisection fat tree network of QDR InfiniBand. The theoretical peak performance reaches 2.4PFlops, 30 times larger than that of the predesessor TSUBAME 1.0, while its power consumption is similar to TSUBAME 1.0. We conducted improvement and tuning of Linpack benchmark considering characteristics of large scale systems with GPUs, and achieved Linpack performance of 1.192PFlops. This is the first result that exceeds 1PFlops in Japan, and ranked as 4th in the latest Top500 supercomputer ranking.

Journal

  • 情報処理学会研究報告

    情報処理学会研究報告 2010年度(5), 1-6, 2011-02

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007995549
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12414720
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL Article ID
    025084988
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top