On Space Complexity of Self-Stabilizing Leader Election in Mediated Population Protocol (アルゴリズム(AL) Vol.2010-AL-132) On Space Complexity of Self-Stabilizing Leader Election in Mediated Population Protocol

Search this Article

Abstract

本論文は,自己安定リーダー選挙メディエイテッドポピュレーションプロトコル (SS-LE MPP) の領域複雑度に関する研究結果である.Cai,Izumi and Wada (2009) は n エージェントに対する自己安定リーダー選挙ポピュレーションプロトコル (SS-LE PP) は少なくとも n 個のエージェント状態を必要とすることを示した.さらに n エージェントに対する SS-LE MPP のうちエージェント状態数が n であるプロトコルを与えた.MPP は Chatzigiannakis,Michail and Spirakis (2009) によって紹介された.MPP は分散ネットワークモデルの 1 つで,各エージェント間に局所的なメモリを追加した PP の拡張モデルである.一般的に MPP は PP よりも計算能力が高いことが知られている.一方で SS-LE のエージェント状態に対する空間複雑度の減少可能性については知られていない.本稿では,n エージェントの SS-LE MPP のうちエージェント状態数が n-1 であり,各エージェント間に 1 ビットのメモリが与えられたプロトコルを与える.This paper investigates the space complexity of a self stabilizing leader election in a mediated population protocol (SS-LE MPP). Cai, Izumi and Wada (2009) showed that SS-LE in a population protocol (SS-LE PP) for n agents requires at least n agent-states, and gave a SS-LE PP with n agent-states for n agents. MPP is a model of distributed computation, introduced by Chatzigiannakis, Michail and Spirakis (2009) as an extension of PP allowing an extra memory on every agents pair. While they showed that MPP is stronger than PP in general, it was not known if a MPP can really reduce the space complexity of SS-LE with respect to agent-states. We in this paper give a SS-LE MPP with n - 1 agent-states and a single bit memory on every agents pair for n agents.

Journal

  • 情報処理学会研究報告

    情報処理学会研究報告 2010年度(4), 1-5, 2010-12

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007995639
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1009593X
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL Article ID
    025098139
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top