燃料電池および灯油エンジンを利用した住宅用コージェネレーションシステムの最適運転計画 The Optimal Operation Plan of Cogeneration System for Residences using Fuel Cell and Kerosene Engine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小原 伸哉 OBARA Shinya
    • 苫小牧工業高等専門学校 Department of Mechanical Engineering, Tomakomai National College of Technology
    • 工藤 一彦 KUDO Kazuhiko
    • 北海道大学大学院工学研究科 Division of Mechanical Science Graduate School of Engineering, Hokkaido University

抄録

住宅用コージェネレーションシステムとして,燃料電池およびディーゼルエンジンの導入を検討する。燃料電池についてはメタノール水蒸気改質を伴う固体高分子膜型を,エンジンについては灯油ディーゼルをとりあげる。本稿では,両システムに適用可能な運用計画のアルゴリズムを提案し,これに北海道地方のエネルギー需要パターンを適用して,運転コストの最小となるようなシステム動作を探索した。この結果,部分負荷時での効率低下については,電気ヒータによる電力の熱変換と蓄熱が有効であることがわかった。また,メタノール改質型燃料電池の燃料単価は半分になることで,運転コスト上の競争力が生じるものと考えられる。

As a cogeneration system for residences, introduction of a fuel cell and a diesel engine is considered. About the fuel cell, a solid high polymer film type accompanied by methanol steam reforming is taken up. And a small kerosene diesel is taken up for the engine. The algorithm of an employment plan applicable to both systems was proposed, the energy demand pattern of the Hokkaido district was applied to this. And this paper searched for system operation which serves as the minimum of operation cost. As a result, it was found that the heat conversion and heat storage of electric power by an electric heater is effective against efficiency deterioration at the time of partial load. Moreover, it is thought that the fuel unit price of a methanol reforming type fuel cell is becoming half, the operation cost will be competitive.

収録刊行物

  • 空気調和・衛生工学会 論文集

    空気調和・衛生工学会 論文集 27(85), 59-68, 2002

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007996402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00065706
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385-275X
  • NDL 記事登録ID
    6152624
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-955
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ