遺伝的アルゴリズムによる燃料電池およびヒートポンプ複合システムの多目的運用計画 Multiple-purpose Operational Planning of Fuel Cell and Heat Pump Compound System using Genetic Algorithm

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 工藤 一彦 KUDO Kazuhiko
    • 北海道大学大学院工学研究科 Division of Mechanical Science Graduate School of Engineering, Hokkaido University

抄録

環境や省エネルギーの観点から,燃料電池コージェネレーションなどの小型分散型エネルギーシステムや,自然・未利用エネルギーを活用するエネルギー機器の導入および複合利用の拡大が予想される。本稿では,出力特性の異なるエネルギー機器の指令系統をネットワークで結び,ユーザーが予め与えた目的を,すべての機器で協調して運転するときの,動的運用計画の解析方法を検討する。そこで,システムの運転パターンを模擬する染色体モデルを用いて,これを単純遺伝的アルゴリズムに導入して運用計画の最適化を行う方法を提案する。適用事例として,燃料電池コージェネレーションとヒートポンプの複合システムの運用計画を調査した。

The chromosome model showing system operation pattern is applied to SGA (simple genetic algorithm), and the method of optimization dynamic cooperation operation of energy system is developed. The optimization method of this dynamic planning was applied to the compound system of methanol steam reforming type fuel cell, geo-thermal heat pump, backed-boiler and utility power supply. The characteristic operation patterns were shown from the results of optimization calculation of the energy system which comes out for multiple purposes. This optimal analysis method was applied about the energy system of cold region house. In this case, the system satisfied of purposes was able to be found rather than the operation pattern with which are conventional energy supply system (utility power supply and kerosene boiler). The SGA optimization analysis method in this paper is a means effective in system design, control, and the dynamic operation plan of the compound energy system by new energy as fuel cell or heat pump, natural energy, and unused energy.

収録刊行物

  • 空気調和・衛生工学会 論文集

    空気調和・衛生工学会 論文集 28(91), 65-75, 2003

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007996466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00065706
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385-275X
  • NDL 記事登録ID
    6745308
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-955
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ