HMMに基づく歌声合成のためのビブラートモデル化  [in Japanese] Vibrato Modeling for HMM-based Singing Voice Synthesis  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 山田 知彦 YAMADA TOMOHIKO
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 Department of Computer Science and Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 武藤 聡 MUTO SATORU
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 Department of Computer Science and Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 酒向 慎司 SAKO SHINJI
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 Department of Computer Science and Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 徳田 恵一 TOKUDA KEIICHI
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 Department of Computer Science and Engineering, Nagoya Institute of Technology

Abstract

HMM に基づく歌声合成は歌い手の特徴を歌声データと楽譜から自動学習し,任意のメロディからその特徴を再現した歌声を合成できる.その際,歌声の音色・発音と音高における歌い手の特徴を,それぞれスペクトルと基本周波数の時間変化として HMM でモデル化している.本稿では,歌唱表現のひとつであるビブラートを音高の周期的な揺らぎと仮定し正弦波でモデル化する.そのパラメータをスペクトル及び基本周波数と同時に HMM でモデル化する.歌声の合成実験では,女性 1 名による童謡 60 曲の歌声データを学習し,主観評価実験によってビブラートモデルの導入による自然性の向上が確認できた.HMM-based singing voice synthesis can automatically learn singer's features from singing voice waveform and musical scores and synthesize singing voice which the features are reflected in with any melody. The features in the signer's tone and pronunciation or pitch are modeled as a sequence of spectrum or fundamental frequency(F0) by HMM. In this report, we assume that vibrato is a periodic fluctuation of pitch and it is modeled by sinusoid. That parameters are modeled by HMM with spectrum and F0 simultaneously. In the experiments of subjective assessment, we confirmed that smooth and natural singing voice is synthesized.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学]

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 80, E1-E6, 2009-05-21

    情報処理学会

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007997327
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10438388
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    024780062
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top