演奏表情付けシステムのためのユーザ主導型音楽構造分析 User-oriented Musical Structure Analysis for a Performance Rendering System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,階層的フレーズ構造の分析に焦点を当て,ユーザとのインタラクションを通じて,ユーザが求めるフレーズ構造を直感的かつ効率的に抽出するシステムの実現を目的とする.従来の演奏表情付け研究において,演奏生成の前処理にあたる音楽構造分析処理の自動化は,システムが情緒豊かな演奏表現を自律的に行うための最重要課題である.しかしその一方で,人間主導による音楽構造分析のためのシステムという観点から,分析結果に対する効率的な修正手法や操作インタフェースのあり方に関する議論は後回しにされてきた.本稿では,音楽構造解釈における多義性に配慮しつつ,煩雑になりがちな分析作業を効率的に支援する方法論について述べる.The purpose of our study is to develop a system for extracting the phrase structure intended by the user intuitively and efficiently through user-system interaction. Previous studies on performance rendering mainly dealt with automation of musical structure analysis because it was considered the most important issue to autonomously achieve expressive performances. They did not therefore address efficient methods or user interfaces for correcting analysis results although it is also an important issue from the viewpoint of user-oriented musical structure analysis. In this paper, we address a method for efficiently supporting musical structure analysis taking into account ambiguities in musical structure interpretation.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2009-MUS-81(23), 1-7, 2009-07-22

    情報処理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997357
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024802895
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ