Mixtract:ユーザの意図に応える演奏表現デザイン支援環境 Mixtract: an Directable Design Supporting Evnvironment for Music Expression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橋田 光代 HASHIDA MITSUYO
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University
    • 田中 駿二 TANAKA SHUNJI
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University
    • 片寄 晴弘 KATAYOSE HARUHIRO
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University

抄録

演奏の表情付けは,指定された音の並びに対して音量やテンポ,アーティキュレーションに変化を与え,音楽を活き活きとしたものとして実体化する作業である.近年,音楽コンテンツデザインの中での重要性が増してきている.本稿では,フレージングに焦点を当てた演奏の表情付けを支援するシステムMixtractと,保科の音楽解釈理論に準拠したMixtract上での演奏デザイン手法について述べる.保科の音楽解釈理論の運用にあたり,Mixtractでは,フレーズ構造解析支援,フレーズ中での頂点音の推定・提示機能を提供した.これらの機能と方法論の利用により,演奏の表情付けデザインの効率性が高まること,また,ユーザの演奏表現に関する思考が客観的なものへと移行することが確認された.Performance rendering is processing to embody musical idea in concrete sound, giving expression to tempo, dynamics and articulation to each note. Recently its importance has been increasing in terms of multimedia content production. This paper introduces a performance design environment called Mixtract, that assists the users to design "phrasing," and a performance design guideline called Hoshina-Mixtract method based on Hoshina's music interpretation method, for Mixtract. Mixtract provides its users a function for phrase analysis and a function to analyze importance of each note in a phrase group. We verified the validity of the proposed system and the method in improving productivity of music performance design and letting users' musical thought from a subject one to an objective one.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-84(8), 1-6, 2010-02-08

    情報処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997395
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025110702
  • NDL 請求記号
    YH267-101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ