単旋律のパート分配によるアンサンブルのための自動編曲手法 An Automatic Music Arrangement Technique for Ensemble Based on Melody Partition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では,管楽器アンサンブル奏者が自分たちの好みと希望に合わせた編曲楽譜を自動生成・支援するシステムを目的として,メロディ構造や各楽器の演奏難易度に基づいて入力メロディのパートを分配する問題を経路探索問題として定めた.伴奏・副旋律を生成する手法と組み合わせた編曲システムを実装し,得られた楽譜を用いて,アンサンブル演奏者による主観評価を実施した.評価結果を元に今後の課題と展望について考察する.In this paper, we describes a technique to generate the arrangement score automatically that is matched to the wind instrument ensemble performer's desire. In our approach, general arrangement process is divided into some parts in order to apply route search problem. When the user inputs the melody and the composition of an instrument to this system, the part assignment, the accompaniment, and the sub-melody generation of the melody are done based on the performance difficulty of musical instruments and the melody structure. We show the result of subjective evaluation of musical performance, and discuss the future works.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-85(3), 1-6, 2010-05-20

    情報処理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997404
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025054836
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ