実際にオーケストラを指揮する感覚に焦点を当てた指揮システムVirtualPhilharmony VirtualPhilharmony: a conducting system focused on a sensation of conducting a real orchestra

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

指揮システムVirtualPhilharmonyは,実際にオーケストラを指揮する感覚に焦点を当てた指揮システムである.従来の指揮システムは,指揮動作に音楽がすべて追随するという形をとっていた.しかし実際の演奏においては,それぞれ固有の音楽性を有したオーケストラ団員がおり,指揮者とオーケストラのインタラクションによって演奏が生成される.このインタラクション感が指揮感覚である.本研究ではこれの獲得のために,オーケストラ指揮に関するヒューリスティクスが多数導入され,楽曲分析を経てこれらから最適パラメータが導出される.指揮経験者がパラメータを細かく設定することで,従来研究にないリアルな指揮のシミュレートが可能となっており,指揮の専門家から高い評価を得ている.VirtualPhilharmony is a conducting system focused on a sensation of conducting a real orchestra. In previous conducting systems, a player (conductor) has controlled all of music. But in real performances, there are orchestra members who have own musicality in front of the conductor. Performances are created by interactions between the conductor and the orchestra. This feeling of the interactions is the sensation of conducting a real orchestra. In this study, to get this sensation, a lot of heuristics about conducting an orchestra are introduced; the most suitable parameters are found from these heuristics by analyzing many tunes. The player can enjoy very realistic conducting because a designer who has experience of conducting set up the parameters closely; VirtualPhilharmony is highly regarded from experts of conductor.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-86(26), 1-8, 2010-07-21

    情報処理学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    025080679
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ