歌唱特徴付与システム「ロックボーカルレゾネータ」  [in Japanese] Rock Vocal Resonator: A Rule-based Singing Design System Featured a Rock Singer's Characteristics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

Vocaloid 「初音ミク」 の発売以来,歌唱合成に対する注目が高まりつつある.Vocaloid では,メロディと歌詞を入力することにより,サンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる.また,表情パラメタを調整することにより,様々な表情を付与することができる.しかし,より人間らしい表情豊かな歌声にするには,表情パラメタの調整を細かく設定することが必要なため,非常に煩雑で時間がかかる.本研究では,ロック歌手の一人 「GACKT」 の歌い方に見られるビブラートやポルタメントといった音高・(音量) 等の歌唱技法を低次のモデルパラメタで近似し,混合ガウス分布を用いた手法でモデルパラメタを決定する.それらの値を Vocaloid の出力に付加することで,ロック歌手らしい歌い方を実現する 「ロックボーカルレゾネータ」 を提案する.Since the release of Vocaloid "Hatsune Miku", voice synthesizing applications have been known to the public people. Vocaloids generate human-like vocal melodies by giving lyrics and melodies. If the parameters for expression control are elaborated, Vocaloids yield more natural vocals. However, setting these parameters requires complicated expertise. This paper proposes a system called "Rock Vocal Resonator" that emphasizes Rock vocalist styles for Vocaloids, based on analysis of a Japanese Rock singer, GACKT's singing.

Journal

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-87(7), 1-6, 2010-10-07

    情報処理学会

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007997448
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10438388
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025135789
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top