P2P技術を応用したグリッド資源発見機構の提案 A proposal of P2P-based Resource Discovery Mechanism for the Grid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グリッドは大規模かつ複雑な計算を必要とする分野で広く利用されている.グリッドを構成する計算機資源は,複数組織の多種多様な計算機資源からなり,その利用状況は常に変化するため,グリッドではユーザの要求に応じて適した計算機資源を発見・選択するサービスが必要不可欠である.しかし,既存の資源発見手法では,事前の静的な設定により階層的なネットワーク構造を持ったサーバ群に資源情報を集約・管理させるものが多く,動的な資源情報をリアルタイムに取得・提供できない,あるいはグリッドの構成自体の動的な変化に対応できないという問題が存在する.本研究では,物理的なネットワーク構造に依存せず論理的なネットワークを動的に構築可能な P2P 技術を応用するグリッド資源発見機構を模索している.本稿では,P2P 技術の 1 つである PIAX を用いてプロトタイプ構築した資源発見機構について報告する.Recently, Grid computing is widely used in the fields where need large and complicated processing. A Grid environment is composed of heterogeneous resources and the availability of these resources changes over time. In such environment, users require a resource discovery mechanism that allows the users to find resources suitable for executing their jobs. However, most of existing resource discovery systems gather information on the resources of the Grid through a hierarchical structure which is composed of a couple of servers deployed based on a static configuration in advance. This mechanism does not support real-time and dynamic information acquisition and may be not useful to the dynamic changes in the Grid. We have therefore been investigating and exploring the feasibility of a resource discovery mechanism employing P2P technologies. In this paper, we propose a P2P-based strategy of discovering and aggregating information on resources of the Grid in a real-time, and present a prototype system.

収録刊行物

  • 研究報告計算機アーキテクチャ(ARC)

    研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 2009-ARC-184(1), 1-7, 2009-07-28

    情報処理学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096105
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024766669
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ