情報フルーエンシーを意識した大学の一般情報教育のカリキュラム提案 A proposal of Curriculum on Information Fluency for Higher Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大学生は、大学生にふさわしい情報リテラシーを身に付けるだけでなく、専門課程や卒業後も自律的にその能力を維持・更新し続ける基礎的な能力が求められる。だが、高校の情報科の現実の授業内容はパソコン操作スキルに偏っていて、そのことが、大学の一般情報教育に悪影響を与えている。ところで、アメリカ学術研究会議は、1999年に生涯に渡って情報技術を使い続けていくために十分な能力を「情報フルーエンシー」と名付け、その中身を提案した。本稿では、まず「情報フルーエンシー」の概念と内容を分析し、続いて、パソコン操作スキルではない一般情報教育を行なっている 3 つの大学の標準教科書と、情報フルーエンシーで提案された 30 項目の学習目標が、それらの教科書でどのように実現されているかを調査した。そして、その調査の結果を元に、大学の一般情報教育に情報リテラシーの目標を導入するためには、どのようなことが必要となるかを具体的に提案する。

収録刊行物

  • 研究報告コンピュータと教育(CE)

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2009-CE-100(9), 1-8, 2009-06-27

    情報処理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007997726
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096193
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    024799026
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ