絵本を題材とした活動的な保育を支援するPC利用の一例  [in Japanese] Introduction of PC supporting educational activity using picture books in preschools  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,幼児が好きな絵本を題材とした保育における PC の利用について述べる.今回はその一例として,幼児の行動範囲に隠した宝物を探し出すという活動的な遊びを支援する 「宝探しゲーム」 を利用した実践を行った.従来の宝探しゲームは,レクリエーション的な場で行われることが多く,活動を通常の保育につなげることが難しかった.そこで今回は,保育者や幼児の会話によく登場している絵本のストーリーや主人公をゲームに取り入れることで,通常の保育との関連性を見出し,保育における自然な形での PC の利用を試みた.This paper describes about PC use supporting preschool activity using picture books. In the previous study, we introduced the game "treasure hunt" designed to make playtime more active, which a computer provides various hints about treasures concealed in playground or playrooms. This game was functioned only in a recreational activity, not an educational one. Therefore, we incorporated various elements from picture books into the context of the game. The familiar story and characters of picture books helped to have more relevance to an educational reading activity, and PC introduction could be naturalized for both of preschoolers and children in preschool education.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告 103, Q1-Q8, 2010-03-06

    情報処理学会

References:  27

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007997766
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025110527
  • NDL Call No.
    YH267-101
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top