幼稚園および保育者養成校での利用を想定した幼児用電子掲示板システムの提案  [in Japanese] A proposal to introduce BBS to preschools and teachers training schools  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,幼児に,多くの他者との多様なかかわりの機会や場を提供することを目的とした PC およびインターネットの活用方法について述べる.インターネットに接続した PC を,自由遊びなどの時間に,絵本などと同様の幼児だけでも利用できる遊具の 1 つとして利用することを検討する.さらに,利用方法の具体的な一例として,「絵と音声によるコミュニケーション」,「紙ベースの投稿・返信」,「幼児だけでも利用可能」の 3 点を基本設計とする 「幼児用電子掲示板システム」 を提案・試作する.一つの幼稚園内の利用に限定した形で行った試行の結果,電子掲示板を介しても,十分コミュニケーションを取れることが示唆された.一方,音声録音が難しいなどのいくつかの問題や課題が明らかになった.今後は,これらの問題を改善するとともに,様々な試行を重ね,より詳細に検討していく予定である.This paper describes about introduction of an electronic bulletin board system (BBS) aimed at use by preschool children as an example of computerized preschool education. It provides kids a diversity of communication with all sorts of others. We consider bringing in on-line PC to a playroom as a toy like reading books in free time. We designed an electronic pinup board system simplified previous BBS on three principles; visual and auditory communication, paper based approaches and usability by kids themselves. After a trial use in single kindergarten, it was found out communicative efficiency and also operation difficulty to record voice without teachers' advices. This result suggested necessity of further improvement in detail after plenty of trials and importance of computerized communication in preschool education.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告 106, G1-G7, 2010-10-02

    情報処理学会

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007997795
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    025132193
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top