対成人・対幼児発話におけるオノマトペ表出の違い : 母子絵本読み調査における検討から Japanese Toddlers Live in Rich Sound-Symbolic Worlds : A Picture Reading Study

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,動詞語意獲得時期の幼児に対して動作の説明をする際,養育者が使用する語彙,特にオノマトペをどのように使用するかを明らかにすることである.具体的には,さまざまな動作が描かれたイラストを養育者に渡し,自らの子どもあるいは成人に対して絵本に描かれた内容について説明してもらった.そして養育者の発話を分析することにより,対成人発話条件とは対照的に,対幼児発話条件においてオノマトペが高頻度で使用されること,動作そのものを表す語彙としてオノマトペを用いることを示した.この結果は,対幼児発話における高頻度のオノマトペ使用が動作一音声のマッピングを促進させる効果をもつ可能性を示唆する.

The present study aimed to clarify how caretakers use mimetic words (Onopatopee) for referencing actions when talking to their children. For this purpose, we presented caretakers of toddlers with a series of pictures depicting scenes involving objects and actions, and have them describe the pictures both to their child and to an adult. The results revealed that high frequency of use of mimetic words in the child directed speech condition (CDS) contrast to in the adult directed speech condition (ADS). These findings suggest that Japanese mothers use mimetics more frequently when they describe actions to their children. The large quantity input of mimetics about actions possibly scaffolds young children's mapping of sound and action-meaning.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 110(63), 27-31, 2010-05-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10712765
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ