食卓コミュニケーション支援のための食事行動認識の検討 A Study of Eating Activity Recognition for a Support System of Dining Communication

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,複数センサを用いた人間の食事行動の認識手法について検討する.食事行動の状態認識は,料理を食べた直後にその感想を求めるなど,食卓での話題を適切なタイミングで提示する,食卓コミュニケーション支援エージェント等に応用できる.カメラによる食事中の顔や唇の状態認識,および加速度センサによる手首の回転や移動の検出を併用した,食事行動の状態認識方式を提案する.

In this paper, we describe a study of recognition system of the eating activities with multiple sensors. The system will be useful for realization of an agent which can offer topics and support dining communication. For instance, that can ask people an impression of food just after it was eaten. We propose a recognition method of eating activities, which uses an image processing to recognize a facial movement, and uses an acceleration sensor to detect motion of arm and wrist.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 110(35), 13-18, 2010-05-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002534
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10711737
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ