食事コミュニケーションの活性化のためのエージェント Agent Design for Activating Communication at Mealtime

この論文をさがす

著者

抄録

福祉社会が進展する中で,コミュニケーション支援の必要性が増してきている.本論文では,特に食事中のコミュニケーション支援に着目し,味などに関するエピソードを収集し,記憶を想起させ,コミュニケーションを活性化させるエージェントを提案する.食事中の会話分析を行い,エージェントの機能設計を行った.また,第1段階として,1対1の食事中コミュニケーション支援エージェントを実装し,発話タイミングの評価を行った.本成果は,献立支援や調理支援だけでなく,認知症予防プログラムヘも活用できる.

The importance of communication supporting becomes large with the progress of welfare society. This paper proposes an agent architecture of activating communication at mealtime. The agent can gather episodes concerned with tastes and so on, make person recall his memory, and activate their communication. We analyzed mealtime dialog and designed functions of the agent. At the first stage of research, we implemented the communication supporting agent and evaluated utterance timing. This outcome can be applied to menu planning, cooking navigation, and dementia prevention program.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 110(35), 19-20, 2010-05-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ