環境設置型センサとウェアラブルセンサを統合した個人同定 Person identification by integrating wearable sensors and tracking results from environmental sensors

この論文をさがす

著者

抄録

多くの人が行き交う駅やショッピングモール等の空間で,人の位置と個人を特定するIDの情報の両方を得ることは,様々な応用につながる課題である.これまでに,環境に設置したセンサを用いて人の位置を求める研究は進められてきたが,自由に移動する人に対して個人の特定をすることは難しかった.本研究では,環境に設置したレーザーレンジファインダ(LRF)と,ユーザが身につけた加速度センサおよびジャイロを統合し,位置とIDの情報の両方を継続的に取得する方法を提案する.人の上体の回転角速度を両方のセンサから取得して統合を行い,LRFより求められる移動軌跡とユーザが身につけるセンサのIDを対応づけ,個人を同定した追跡を行う.提案手法は,携帯電話への搭載が進んでいるウェアラブルセンサを用いる点に特徴があり,今後普及すると考えられる情報基盤を用いて実現できる利点がある.提案手法をショッピングモールの環境で検証し,複数の人が現れる中で,センサを身につけた人を正しく追跡してIDを求められることを示した.

To provide personal and location-dependent services in public spaces such as shopping malls, it is important to be able to estimate positions and identities of people in the environment. Sensors in the environment reliably detect current positions of people, but it is difficult to identify people. On the other hand, signals from wearable sensors can be used to identify people correctly, but precise estimation of positions remains problematic. In this paper, we propose a novel method of integrating laser range finders (LRFs) in the environment and wearable gyros and acceleration sensors. Time sequences of angular velocities estimated from both LRFs and wearable sensors are matched to identify people. Examples of tracking individuals in the environment are shown to confirm the effectiveness of the proposed method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ

    電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 109(373), 243-248, 2010-01-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1054106X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10554195
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ