パターン認識における都市伝説  [in Japanese] Urban Legends in Pattern Recognition  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 工藤 峰一 KUDO Mineichi
    • 北海道大学大学院情報科学研究科 Division of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology
    • 今井 英幸 IMAI Hideyuki
    • 北海道大学大学院情報科学研究科 Division of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology
    • 田中 章 [他] TANAKA Akira
    • 北海道大学大学院情報科学研究科 Division of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology
    • 杉山 将 SUGIYAMA Masashi
    • 東京工業大学大学院情報理工学研究科 Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology

Abstract

パターン認識の研究は既に40年を越す歴史を持ち、これまでに数多くの基礎的方法論が提案され、それ以上に多くの応用的技法が報告されている。その中にあって現在は、これまでの研究の方向性を見直す時期に来ていると言える。本稿では、これまで多く取り上げられてきた研究や基礎的技法を改めて見直す。視点は、各種の技法がその限界を越え、あるいは適用範囲を逸脱した使われかたをしていないか、また、潜在的に可能性のある研究を見失っていないか、などである。これらの事頂を、「都市伝説」という形で、幾らか誇張した形で整理する。

Pattern Recognition has already a history of more than 40 years and many basic techniques have been proposed. Now it would be an opportune time to look into these techniques deeply to determine the directions to proceed in the next decades. In this paper, we reconsider some basic techniques as urban legends. Our intention is to make clear what is worth studying and what is not. We pick up some basic but important topics to discuss.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 109(344), 29-34, 2009-12-10

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  22

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008002721
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10541106
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10510785
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top