頭部と腕の動きが持つ共起関係を用いた指差し動作推定 An estimation method of a pointing gesture of human using co-occurrence relation of the movements of the human's head and arms

この論文をさがす

著者

抄録

一般家庭で利用する小型ロボットに適用可能な,人間の指差し動作を検出するアルゴリズムを提案する.搭載するカメラやCPUに厳しい制約が課せられる小型ロボットで動作させるため,低解像度カメラで撮影した画像列から少ない演算量で動作を認識する必要がある.本研究では,コミュニケーションにとって重要な指差し動作に着目し,頭部・腕の動きベクトル系列の共起関係を表現した共起動作モデルを用いることでロバストに指差し動作を推定する.

We propose a method for estimating the pointing gesture of a human that can be applied to a small robot at home. It is necessary to recognize the gesture from the low resolution image because there are some restriction of the installed camera and the CPU on the robot at home. In this paper, we propose a co-occurrence action model for estimating a pointing gesture of a human. In the model, the co-occurrence relation of the movement vectors sequence of the human's head and arms are expressed in order to estimate the gesture of human robustly.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 109(470), 359-363, 2010-03-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10650400
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ