グループ感情場モデルによる感情推定方式の検討 An affections model of group activities for estimation of individual's affection

この論文をさがす

著者

抄録

ロボットが複数の人間とコミュニケーションする状況において,コミュニケーションの場の雰囲気を把握することを目指したグループ感情場モデルを提案する.顔表情が同じでも,発話の有無によって推定すべき感情は異なるため,顔表情のみを用いた感情の推定結果は,人間の直感とは大きく異なる.そこで本稿では,顔表情認識に用いる特徴量を発話情報に基づいて動的に選択することでロバストな感情認識を目指す.また本稿で提案するグループ感情場モデルによって求められる場の雰囲気がどの程度人間の直感と一致しているかについて考察する.

We propose an affection model of group activities for a communication robot which communicates with people simultaneously. Because affections that should be estimated by the presence of the utterance even if the face expression is the same are different, the estimated result of affections that use only the face expression is greatly different from human's intuition. In this paper, we aim robust recognition of affections by dynamically selecting feature vectors based on presence of utterance for face expression recognition. Moreover, how feelings of group activities derived by affection model of group activities proposed by this paper are corresponding to human's intuition.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 109(470), 519-523, 2010-03-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008002900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10650530
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ