危機管理を支援する自治体向け情報システムの要求仕様と実現プロセスに関する考察  [in Japanese] Requirements Specification and Implementation Process on Crisis Management Support System for Local Government  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

Crisis Management を支援する情報システムはこれまでにいくつかの実現事例が報告されているものの,パンデミックに発展する疾病への対応も包括的に支援するシステムの実現手段については十分な検討が行われているとは言い難い.本研究では,阪神・淡路大震災での経験をもとに Crisis Management を支援する情報システムの社会的実現の手段について考察する.特に本稿では,自治体職員のデータベースシステム (GIS を含む) に対するユーザエクスペリエンス (UX) の獲得の重要性について述べ,UX の獲得のために必要な導入プロセスについて,過去の事例を参考に考察を行う.We have some case study reports on crisis management support system, but did not have enough discussion on social implementation of integrated crisis management support system including not only natural disaster but pandemic. In this study I consider it based on experiences of Great Hanshin-Awaji Earthquake. Especially to realize it I focus on local officials' User Experiences (UX) toward Data Base System and suppose an induction process according to past successful report.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告

    情報処理学会研究報告. 情報システムと社会環境研究報告 113, G1-G2, 2010-09-13

References:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008003368
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11253943
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    CJP  NII-ELS 
Page Top