大蔵経と人文系データベース  [in Japanese] Daizokyo and Databases for Humanities  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

SAT 大蔵経テキストデータベース研究会では大正新脩大蔵経のテキストデータベースを完成させ、大蔵経本来の営みである、その時点でのより良い学術情報資源の提供に向けて新たな試みを展開している。本稿ではそれらの試みのうち、独自に提供する情報資源の内容の深化と、既存の情報資源同士の相互運用の強化について論じる。すなわち、前者は大蔵経を中心とするインド学仏教学の成果をデジタルメディアの世界でより深く蓄積・共有しつつ新たな可能性を提示していくために必要であり、後者はすでに蓄積された情報資源を効果的に活用することで、作業の重複による人的資源や費用の浪費を避けるとともに、情報資源の扱いに関して様々なレベルで連携を行いつつ、利用者に様々な利便性を提供することが可能である。その際には、いずれにおいても、デジタルメディアの特性と限界に配慮することが必要である。The SAT Daizokyo Text Database Committee has completed the basic construction of the Daizokyo text database. This phase of the task having been completed, the next stage is the development of an innovative means to provide all scholars who are involved with the project with the best array of information possible to allow them to play a role as the editors of the Daizokyo. In this paper, we discuss the importance of developing scholarly resources which are originally provided and interoperation between existing related resources.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告

    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告 82, H1-H6, 2009-05-23

    情報処理学会

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110008003448
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    024779945
  • NDL Call No.
    YH247-911
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top