設計検証のためのUMLプロファイル UML Profile for Design Verification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

巨大化・複雑化するソフトウェアの信頼性向上のために,形式手法を活用することが注目されている.形式手法をソフトウェア開発の現場で実適用するためには,形式手法をソフトウェア開発の中でどのように位置づけていくかというソフトウェア工学面からの検討が不可欠である.我々は,設計検証に形式手法,特にモデル検査を活用することを検討しているが,モデル検査による設計検証をより幅広く行うためには設計モデルを構築するための手法や環境の整備が必要になると考えている.本稿では,こうした手法や環境の整備のために,UMLプロファイルの機構を利用するアプローチを提案し,具体的な検証用プロファイルを提示する.To increase the reliability of software, which is getting more gigantic and more complex, utilizing formal methods is widely attracting attentions. For application of formal methods to real software development, it is essential to consider from the viewpoint of software engineering how they are utilized and what role they play in the software developments. We are now studying application of model checking, which is one of the formal methods, to design verification, and recognize that building of design model development methods and environments is necessary. In this paper, we introduce an approach utilizing UML profile mechanism for the above mentioned purpose, and show some concrete profiles for design verification.

収録刊行物

  • 研究報告ソフトウェア工学(SE)

    研究報告ソフトウェア工学(SE) 2010-SE-170(16), 1-8, 2010-11-04

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008003627
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112981
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    1884-0930
  • NDL 記事登録ID
    025083925
  • NDL 請求記号
    YH247-911
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ